引っ越しや新生活に!ポケットWi-Fi(ワイファイ)の選び方3選

すでに新生活を迎えられている方も多いとは思いますが、
今日はポケットWi-Fi(ワイファイ)の選び方を紹介します。
急な引っ越しで家庭用のインターネット回線を決められていない人もいると思います。
そこで役に立つのはポケットWi-Fi(ワイファイ)です。
ポケットWi-Fi(ワイファイ)なら、すぐに契約でき、最短で翌日からインターネットが使えます。
また、金額も1,980円(税抜)から契約できるので手軽に申し込みができます。
インターネットプロバイダの契約までのつなぎや、インターネットプロバイダに契約後でも
契約を継続して、外でもWi-Fi(ワイファイ)を使用して、携帯電話のパケット通信定額料金の節約ができます。
その際失敗してほしくない選び方があるので参考にしてみてください。

Q1.キャッシュバックで得したいから申込んだけど…

『金券つけます!』や『実質1万円分オフ!』というキャッシュバックにつられて
申し込みをしたけれども、請求書を見たらよくわからないオプション代が上乗せされて
結局高くついてしまったり、キャッシュバックの受取方法が面倒だったり、
期間が短くて受取り損ねるケースもあります。

A1.料金体系がわかりやすいかを確認

月額やキャッシュバックに目が行きがちですが、『初期費用』や『月額費用』をしっかり確認してから申し込みをしたほうがいいです。
キャッシュバックをもらうためにオプション加入(しかも有料)が必要になったりする場合もありますので、注意して手続きをしてくださいね。

Q2.エリア内なのに繋がらない!

対象エリア内で使っているのに、屋内だと急につながりにくくなった!
なんでやねん!!!!

A2.繋がりやすさも要確認!

繋がる速度は大切なポイントですが、『繋がるかどうか』も大切なポイントになります。
速度があってもWi-Fi(ワイファイ)の対象地域でないと契約した意味がありません。
まず契約する際には、自分がいる地域がWi-Fi(ワイファイ)の対象地域か第一に確認してください。
また、対象地域だったとしても、周波数のちがいで屋内に入るとWi-Fi(ワイファイ)が弱くなったりする傾向もありますので注意してください。

Q3.突然Wi-Fi(ワイファイ)の速度が遅くなって全然つかえなくなった!

Wi-Fi(ワイファイ)にはプランによって、1ヶ月に使える容量に制限があります。
キャリア携帯やスマートフォンにもあるように、制限を超えてしまうと速度は低下してしまいます。
制限解除に追加料金を設けているところもあります。
つまり、通常の月額料金よりも余分な金額がかかってしまうことがあります。

A3.使い放題や無制限をうたったキャンペーンは適用エリアや通信域に注意!

制限を解除したプランが増えていますが、対応できる通信域(LTEの高速エリアは対象外)が限られていることが多いです。
高速エリアを使用するには、オプション料金が必要になります。
そこでオススメなのが、Yahoo!Wi-Fiです!

オススメその1.Yahoo!Wi-Fiは、初期費用が安く月額以外のオプションがありません。

初期費用は、契約手数料の3,000円のみになります。

オススメその2.広範囲にわたる対応エリアと高速通信が可能です!

Yahoo!Wi-Fiは、障害物に当たると回り込んで届く低周波帯です。
壁などで反射しやすい直進性の電波より、建物の多い街中や建物の中にいても繋がります。
YahooWi-Fi建物.jpg

オススメその3.アドバンスモードなら高速通信の容量上限なし

対応機種ならアドバンスオプションが無料になります。
つまり、『制限なく高速でWi-Fi(ワイファイ)をつなげたい!』という方は
このアドバンスモード付きのプランを契約するとストレスなくインターネットが
楽しめます。
アドバンスモードの対応機種は以下になります。
ポケットWi-Fi:502HW
502HW_端末1.jpg

まとめ

ポケットWi-Fiといっても、プランによっては使える幅なども変わってくるので
しっかり考えて契約するようにしましょう。
★月額料金を安くしたい方は最安値プラン
★高速通信・月額容量上限なしプラン